テーマ:犬旅

犬旅78・越前松島水族館前

海水浴も堪能して、体を洗ってもらった後、乾燥もかねて近くの越前松島水族館辺りへ散歩に行きました。 大きなペンギンさん写真の前で撮りましたが、ボクは小さ過ぎて、どこにいるか見えますかぁ?? 今度は亀さんの絵の前です。亀さんの背中に乗ったら、竜宮城に連れて行ってくれるかなぁ? 夕食まで少し時間があったので、越前松島を散策し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島6

海水浴客がいなくなったので、ちょっと沖の方へ行ってみます。 あれ!?おとうさんは来ないの? 沖といってもそんなに遠くまでは行きません。 ボクももう7歳です。体力も落ちてきています。 泳がずに、岩場から海を眺めています。 ここから海へ飛び込んだらって?? やめておきます。けがをしたら大変です。 泳ぐなら岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島5

でも、何回も投げられるとさすがに疲れました。ボクももう7歳ですぅ・・。 今度は石探しです。 これなら体力をあまり使わなくて済みます。 おっ!!この石ならボクも捕まえられそうです。 ちょっくら潜って捕ってきます! ほら!!こんな大きな石を捕まえましたよ!! 今度は少し深いところで探してみますよ! おっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島4

今度の獲物は何でしょうか? 今度も長い棒ですね! ほら!!楽勝ですよ!でも、ちょっと端をくわえてしまってちょっと運びづらいですねぇ。 このくらいなら何度投げられても・・。 平気で持って帰れますよ! 何度でも大丈夫ッス!! シッポを大きくたたいて方向転換です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島3

おっ!!今度は少し大きい板ですね。 はいっ!!しっかり確認して持って帰ります。 でも、ボクももう7歳。休憩をはさまないとやってられません・・。 でも、少し休憩すると・・ まだまだ、元気ですよ! それ!!Uターンもばっちりです。 ライフジャケットのおかげで、何とか持って帰れます・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島2

近くで海水浴を楽しんでいたお兄ちゃんがいました。 負けず嫌いの性格が出てしまい、思わず追い越してしまいましたぁ・・。 ここは波が荒いのか、岩場がいっぱいです。 あれ!?向こうに何か見えますよ。 ちょっと様子を見に行ってきます。 あれ!?今までに見たことのないものです。 ボードのようです。お許しを得てち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅78・わん庵・越前松島

わん庵に着いてチェックインを済ませた後、越前松島の海岸まで散歩に行きました。 もちろん、目的は海水浴です。そのためにライフジャケットを着けてきましたぁ! それでは早速、泳いできます。 水遊びは、今年2回目ですが、海水浴は初めてです。 いつものことですが、流木を投げられると思わず反応してしまいます。 ほんとに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・朝食

朝食も昨晩の夕食と同じレストラン繋でいただきました。 今朝の六甲山頂は深い霧の中です。 朝食は和定食をお願いしました。 お惣菜2種、いくら。アユの甘露煮、辛子明太子、ホタルイカの塩干し、こだわり卵の出汁巻き、 旬の魚、作り立て豆乳豆腐、農園野菜のサラダ、 丹波篠山産コシヒカリ、香の物2種、瀬戸内産味付け海苔、鳴門わかめ、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・夕食2

お魚料理は、「昆布〆した平目と柔らかく蒸しあげたアワビのロースト」を兵庫県産野菜のピューレのソースをかけていただきました。 昆布の旨味を含ませた平目を低温調理。柔らかく仕上げたアワビを香ばしくのローストしてありました。 お口直しの「カシスソルベ」です。 お肉料理は、「六甲和牛ロースト肉のグリエ ソースポルトルージュ」です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・夕食

今度はおとうさんたちの夕食です。 まずは、ワインから。神戸大沢シャルドネをいただきました。 神戸の最北に位置する「大沢(おおぞう)町」は朝晩の寒暖差が大きく、伸びやかな酸味を持つブドウが育ちます。 その豊かな風土から生まれた凛とした辛口の白ワインです 大沢町の契約農家が手塩にかけて育てたシャルドネを適期に良果のみを選りすぐり収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・ワンちゃん夕食

夕食は、レストラン繋でいただきました。 ここからは、神戸の夜景が見えるはずですが、残念ながら、今日のお天気では無理なようですね。 ボクの夕食は、ビュッフェスタイルです。 鶏肉を中心にいただきました。 まだ、残ってますよ! 残ったものは、明日の朝食用に残していただけました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・大浴場

大浴場へ行ってきました。 ここは「備長炭の湯」です。備長炭の湯は、黒を基調とした重厚感のあるゆっくりと足を伸ばせる大浴場でのんびりと過ごすことができます。備長炭の上を流れる弱アルカリ性の肌触りのよいお湯で体の芯まで温まることができます。 六甲山系西側にあたる摩耶山付近から湧き出た神戸二軒茶屋温泉のゆったりと寛げる大浴場です。弱ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館

犬旅77は、この間、ランチにいった「ホテル神戸六甲迎賓館」に行きました。 この前と同じ裏六甲ドライブウェイを通りましたが、景色が全然違いました。 とっても深い霧の中です。霧の中というよりも雲の中といった方が正解かもしれませんね。 おっと!霧の中で目的地の犬宿を見逃すところでしたぁ! 今日のお部屋は、ペット可スタンダードツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉・アヒルさん

さっきのアヒルさんがボクの方へやってきました。 ボクは鳥さんには、とっても興味があるので、泳いで近くまで行ってみます。 ボクが近づいて行っても、全然逃げようとしません。 もっと近くまで行くと、一羽のアヒルさんがボクを睨んできました。 おっと!危険!体が思わず反応してしまいましたぁ・・。 近づくと意外に大きか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉・川遊び2

ここは少し流れが緩いですので、泳ぎやすいです。 しかも川下へ泳いでいますので、とっても楽です。 おっと! ここは流れが速いです。 流される前に避難します。 水もとっても綺麗ですが、水温はかなり低いですので、一度あがります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉・川遊び

八景のチェックアウトを済ませてから、昨日少し遊んだ川へ行きました。 ここにはアヒルさんが4羽ほどいました。 昨日は泳げなかったので、今日はライフジャケットを着て準備万端です。 今年の初泳ぎです。気持ちいいッス!! でも、この川の流れは意外と早いです。 このままだと流されてしまうので・・ とりあえず岸へ向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景・チェックアウト

チェックアウトの時に、八景のもう一匹の看板犬、むぎちゃんとご挨拶しました。 むぎちゃんは、芝とチワワのミックス犬です。 どんなに眠くても朝5時には起こされるそうです。 こちらはスタッフさんが保護したワンちゃんです。 ボクと同じテリア系のワンちゃんのようですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景・朝食

朝食もお部屋でいただけます。和食の朝食です。 焼鯖はとっても美味しかったです。 ボクはそのお粥なら食べられそうですが・・。 食後は、ベランダで日向ぼっこをしています。 川の音がとっても心地いいです。 あっ、そうそう!砂湯は湯原ダムの堤防を見上げ、四季折々の自然美が楽しめます。男女混浴で、「美人の湯」「子宝の湯」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉・夜散策2

この先が昼間も行った「油屋」さんがある通りです。 「千と千尋の神隠し」に登場する町並みや湯屋「油屋」に雰囲気が似ていると言われる場所は、台湾の九フンを含め複数ありますが、ここ湯原温泉の老舗旅館「元禄旅籠 油屋」もそのひとつです。 なにしろ名前まで同じ「油屋」ですからね。 創業は元禄元年。もともとは行灯などに使う油を扱ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉・夜散策

湯原温泉街の夜の散策に出ようとロビーまででると、八景の看板犬「ハナちゃん」に出会いました。 ハナちゃんは、ノーリードです。ボクには絶対にまねのできないことです。 ライトアップされた八景さんの玄関です。 八景さんへ入ってくる橋も綺麗にライトアップされていました。 おとうさんのカメラにはフラッシュは内臓されていません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景・夕食

さて、いよいよ夕食です。 夕食、朝食をあわせると50種類以上の野菜を用いるのが大きな特徴ですが、精進料理や山菜料理とも違う八景ならではのスタイルです。 山に囲まれた宿に向かわれるお客様の気持ちに寄り添うように・・自然体でありたいと考えて作られているそうです。 まずは、左上から、先付の水玉野菜出汁ゼリー、くみ上げ湯葉、冬瓜、南瓜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景・お部屋

犬旅76のレポートに戻ります。 湯原温泉の散策も終わり、お部屋に戻ってきたので、夕食までの間にお部屋の紹介をしておきましょう。 2016年10月に誕生した、98㎡のリビングと、小上がり和室(6帖・琉球畳)にツインのベッドルームを備えるスイートルームです。 湯原温泉の源泉をかけ流しで楽しむことができるバスルームもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉散策2

ニジマス自然釣場は湯原漁業協同組合が運営している湯原ダムの直下にある釣り場です。 川の上にぶら下がっているのは、鯉のぼりではありません。 オオサンショウウオをモチーフにした吹き流しです。 ダムから流れ出るテイルウォーターのおかげで水温の変化が少ないため再生産が繰り返されています。 とっても綺麗な川です。ボクも入ってみてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉散策

夕食が7時半からなので、近くを散策に行きました。 橋を渡ったところにお水が湧き出ているところがありました。下にはオオサンショウウオのモニュメントもありました。 向こうに見えるのは湯原ダムです。 湯原ダムは一級河川「旭川」の治水とともに電力供給の基地として建設され、洪水調整および発電を目的とする「多目的ダム」です。 不定期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景

八景には、ワンちゃん部屋が1つだけあります。 そのお部屋は、ドッグフレンドリースイートで、八景の中で一番広いお部屋です。 愛犬とともにゆっくりと広いリビングでくつろぐのもよし。 テラスで寝転んで本を読むのもよし。 薪ストーブの火を眺めて過ごすのもよし。 好みの過ごし方で特別な滞在を楽しむことができます。 ここは、ゆっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅76・湯原温泉八景へ出発

今日は岡山県の湯原温泉まで犬旅に行ってきます。 5月に予約をしていたのですが、新型コロナウイルスの影響で、今日まで延期になっていました。 おとうさんの車でお出かけも久しぶりですね。 名前入りのこの首輪もサマーカットした今しか付けてもらえません。 なぜなら、毛が伸びてしまうとほとんど見えなくなってしまうからです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅75・山田養蜂場

山田養蜂場本社のある岡山県鏡野町に蜂蜜を使ったお菓子のお店『山田養蜂場 お菓子工房 ぶんぶんファクトリー』があります。 屋根の上には大きな蜂がいっぱいいましたぁ! 山田養蜂場の蜂蜜を使ったお菓子のお店です。 お菓子工房では、蜂蜜を使ったジェラートを始め、蜂蜜を使ったお菓子や飲み物を製造販売しています。 店内にはカフェスペース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅75・シロヤマテラス津山別邸・展望テラス

朝の「SpaLiving & Terrace」です。 津山城の朝の桜の風景です。 展望テラスからゆったりと眺めることができます。 昨晩と同じようにホットカフェオレをいただいています。 ドッグフレンドリーフロアのハンギングチェアに乗せられましたぁ・・。 ソファーの方が落ち着きます。 ドッグランにはトンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅75・シロヤマテラス津山別邸・朝食

朝食は、昨日まではバイキングだったのですが、今日からは、和定食と洋定食のセレクトになりました。 おとうさんは、洋定食をたのんだはずですが・・ ここでは、5品から2品をセレクトできます。 まずは、点心と地野菜のセイロ蒸しは、二人ともがセレクトしました。 あと一品は、おかあさんは、美咲卵のプレーンオムレツ~ホテル特製デミソー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬旅75・夜の津山城散策

夕食が終わったので、今から夜桜を見に、津山城へ向かいます。 ぼんぼりに照らされて、綺麗な夜桜です。 人出もホントに少なかったですが、夜桜だけを見に来る人もちらほらいましたねえ。 裏門で写真を撮ろうと思ったら、係のお姉さんも出てきました。 厩堀から撮った夜景です。厩堀は「うまやぼり」と読むのでしょうか? これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more