犬旅69・加賀料理・菊よし・さか井

今日のランチは、ワンちゃんもOKな金沢片町の加賀料理のお店、割烹「菊よし・さか井」にやってきました。 ワンちゃん連れは、一番奥の部屋へ案内してもらいました。ルームチャージ変わりの季節の付き出しは、旬の食材、白子の石焼きでした。 季節のお造り盛り、若鶏治部煮、小鉢、盛り合せ、ご飯、香の物、味噌汁、フルーツのついた、お昼限定の加…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・千里浜なぎさドライブウェイ

国内唯一、世界でも珍しい波打ち際を自動車で走ることができる千里浜なぎさドライブウェイ。その秘密は砂の粒子が細かく、適度に湿っており、締め固まっているからです。 「千里浜なぎさドライブウェイ」(千里浜海岸)は国内で唯一、砂浜をドライブできる(無料)全長約8kmの長い海岸。1968(昭和43)年5月1日に国定公園の指定を受けた能登半島…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・千里浜・砂像

のと里山海道千里浜ICを下りたところの道の駅「のと千里浜」へ寄りました。 羽咋市の特産の大根にちなんでつけられた「だいこん足の湯」もあり、ほっこり温まれば、しっとりすべすべになります。 千里浜なぎさドライブウェイの始まりにある千里浜レストハウスの横には、令和の元号が決まった時の菅官房長官の顔出し砂像がありました。 ここが全…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・旅宿やす田(朝食)

朝食も昨晩と同じところでいただきました。 ボクの食べられそうなものはあるかなあ・・。 朝食のメニューは、焼き魚、地元野菜のサラダ、自家製ぬか漬け、納豆、季節の小鉢、フルーツとヨーグルト、能登の棚田米、お味噌汁です。 おとうしゃん!食後はご主人が入れてくれる珈琲があるそうですよ! 食事が終わったら、ふぁびちゃんが出てき…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・旅宿やす田(夕食)

能登の旅宿やす田へ着きました。最初にお出迎えをしてもらったのは、看板犬のふぁび君です。 ボクと同じジャックちゃんで、体重も同じでしたが、12歳のお兄さんです。 夕食は、お部屋ではなく、バーカウンターのあるお食事処でいただきました。 旬の地物お刺身、能登中島の牡蠣フライ、地元の食材を使った煮物、能登名物茶碗豆腐、旬の魚の南蛮漬け…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・のと里山海道

美味しいお寿司もいただき、これから、旅宿やす田へ向かいます。 ここは、「日本の道100選」にも選ばれた「のと里山海道」です。雨模様です。 道の駅高松に寄りました。下り線の里海館のすぐ目の前には日本海があり、足湯、ドッグランや遊歩道、サンセットデッキから自然を満喫できます。 ドッグランは、大型犬用と小型犬用の二つがありました…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・鶴来福喜寿司(その3)

八貫目は、バイガイです。 べいごま(貝独楽)代表的な玩具で、漢字では「貝独楽」と書きます。鉄製になったのは大正時代からで、起源はバイガイなど巻き貝の殻で独楽を作ったことにあるそうです。 九貫目は、イクラです。鮭の卵巣は、筋子です。 筋子をほぐしたものを「イクラ」と言いいますが、 イクラは、実はロシア語なんです。 十貫目は、…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・鶴来福喜寿司(その2)

ちい兄ちゃんは、ゲソ天もたのんでいました。 ゲソ天大好きですよねぇ。 セットには、お味噌汁もついてます。 四貫目は、甘エビです。実は海老の中でも、タラバエビ科に属する甘海老は性転換を行います。 生まれたとき、全ての甘海老は性別が存在しませんが、4年目になると全ての甘海老がオスになります。 そして、オスの甘海老としてメス…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅69・旅宿やす田・鶴来福喜寿司

犬旅69は、能登半島の旅宿やす田へ行ってきます。一日目のランチは、ちい兄ちゃんのいる白山市の鶴来福喜寿司にやってきました。 今回も特上にぎりをたのみました。 ガリは瓢箪の器に入って出てきました。 ちい兄ちゃんは、日本酒をいただいています。 「萬歳楽 菊のしずく」です。 極上の「山田錦」から造った、凛とした味わいの吟醸酒です…
コメント:0

続きを読むread more

エッセ ディ ピュ(ランチ)

今日は「エッセ ディ ピュ」でランチをいただきました。 お隣には大人しいコーギーちゃんがいました。 Aセットの前菜です。今日は大きいお兄ちゃんも一緒です。 なので、おとうさんは、生ビールをいただいています。 ピッツァは水牛のリコッタ、サラミ、コーン、ほうれん草の包み焼きの「リピエーノ・コン・マイス」と トマトソ…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅 うみんぴあ大飯

すぐ隣には道の駅「うみんぴあ大飯」があります。 「若狭路の 心がなごむ おもてなし」 若狭湾を一望できる道の駅です。 地元でとれた新鮮な魚介や農産物をはじめ、おみやげにぴったりな特産品を販売するほか、フードコートでは地元食材を使った軽食やジェラートが味わえます。 ここもテラス席は、ワンちゃんもOKです。 タピオカミ…
コメント:0

続きを読むread more

カフェレストランバー・ベル

ランチは、うみんぴあ大飯マリーナの2階にある「カフェレストランバー・ベル」に行きました。 お店の名でもあるBelはイタリア語で”美しい”とされています。 テラス席は、ワンちゃんもOKです。 Belの魅力は何と言っても大きな海が大迫力‼ 広く輝く海と船の音をダイレクトに感じる事ができます。 ランチBセットは、お好きな…
コメント:0

続きを読むread more

うみんぴあ大飯(続き)

アミューズメント、ホテル、グルメ、ショッピング、ヒーリングなど、さまざまな楽しみが集まる複合レジャー空間が“うみんぴあ大飯”です。 2007年に開業した「マリーナ」を皮切りに、2008年には「エルガイアおおい」と「こども家族館」、2009年には「ホテルうみんぴあ」と「観光船」、2013年に「道の駅うみんぴあ大飯」が続々とオープン。…
コメント:0

続きを読むread more

うみんぴあ大飯

今日のランチは「うみんぴあ大飯」にあるレストランに行きました。 ちょっと早く着いたので、すぐ前の広い芝生で遊んでます。 ここ「うみんぴあ大飯」は、海に集い、楽しみ、安らぐ、そしていつのまにか、みんながやさしい笑顔になれる、そんな「海が元気をくれるまち」を目指しているそうです。 朝に夕に、また四季によって表情を変える空と…
コメント:0

続きを読むread more

クワモンペ(ランチ)

「無花果とモッツアレラのサラダ」は前菜として注文しました。 平日限定ランチセットは、カボチャの温スープか サラダを選べます。実は「クワモンペ」の特徴は、もう一つ在ります。 それは美味しいイタリアンを造るシェフは、中華料理を造っていた時代が有りました。 その後は何と陶芸家として腕を磨いていたのです。 メインはマルゲリ…
コメント:0

続きを読むread more

クワモンペ

篠山の山合に在る「クワモンペ」は、古い日本家屋をリノベーションしておしゃれに生まれ変わったイタリアン・レストランです。 昭和を感じさせる癒しの空間に、今のスタイルを融合した新しい外観と内観を持つ魅力的な店舗です。 篠山古民家の風情も出しつつ、庭はガーデンと呼びたくなる様なおしゃれな雰囲気です。 ウッドテラスも有り、ガーデン…
コメント:0

続きを読むread more

穂のヴォンネ

今日は穂のヴォンネに行ってきました。むぎちゃんは、今日は表には出てきていないようです。 Aランチはホットドック1/2 ・ミニオープンサンド2種とドリンクがついてます。 食後のケーキは、おかあさんは定番のモンブランを注文しました。 おとうさんは、シュワルツワルダー(黒い森のサクランボケーキ)をたのみました。 甘さを抑え…
コメント:0

続きを読むread more

カフェ月星

今日のランチは、お月さまもお星さまも、とってもキレイに見える場所「カフェ月星」にやってきました。 自然豊かで、田んぼや、古民家が立ち並ぶ、まんが日本昔話の中にタイムスリップしたような風景です。 上林地域のちょっと山の中にある沖縄そばやスーツを食べれる不思議空間です。 築150年の古民家を改装した店内は広々としています。 …
コメント:0

続きを読むread more

ルスード チェサピーク

今日のランチは「ルスード チェサピーク」のプロバンスコースです。 おとうさんは、おすすめパスタのボンゴレビアンコをたのみました。 おかあさんは、ジャガイモのクリームスープをたのみました。 メインは、ハーフポーションの魚と肉の盛合せをたのみました。 牛ヒレ肉と鱸、ほうれん草のキッシュ、牛蒡のフランです。 デザート…
コメント:0

続きを読むread more