犬旅80・琵琶湖での水遊び5(トル君)

ボクが遊んでいる間にトル君もやってきました。 でも、今年のトル君は、水遊びは断固拒否の姿勢です。 トルパパの説得で水際までやってきました。 これでボクとトル君の水遊びのツーショット写真が撮れるかな? 残念ながら、ここまでです。来年のカレンダー候補も写真は撮れなかったですぅ・・。
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・琵琶湖での水遊び3(水中カメラ)

このカメラは、ボクの海水浴シーンを撮るために買ったカメラです。 4年ほど前に買ったカメラなのですが、使うのが今回が初めてです。 今まで、ボクの泳ぎを撮ろうと思っていたそうですが、肝心な時に持ってくるのを忘れていたようです。 もちろん、このカメラは水中でも撮影できますが、今回の琵琶湖は、少し水質が悪かったようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・琵琶湖での水遊び2

まだまだ、頑張りますよ!! 獲物をとれば帰ります!この繰り返しです! 今度は、パドルボードのあのおじさんのところまで、行ってみようかな? おっと!!右足がつりそうですぅ・・。 岸へ戻ります。おかあさんが、水中でもOKのカメラで撮ってくれます。 どんな風に写っているか、楽しみです。
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・琵琶湖での水遊び

ランチが終わって、チェックインを済ませてから、お待ちかねの琵琶湖での水遊びに行きました。 もちろん、ライフジャケットを着けて行きました。おっ!!木切れを見つけましたよ。 おかあしゃん!これ、投げてくだしゃい! 準備万端整いました。いつでも投げてOKですよ! あれ?見失ったかな?? ありましたぁ!! では、…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・ビワドッグ・ランチ

今から、ランチタイムです。 おとうさんたちは、生ビールで乾杯です。 今日は、もう運転をしなくていいので、心おきなく飲めます。 シーズンランチ夏を頼んでます。 まずは、大中野菜のサラダが出てきました。 ミニトマトならボクも食べられますよ! ガーン!!ドレッシングがかかってましたぁ・・。 残念!! 鰻のラ…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・ビワドッグ6周年

ビワドッグにつきました。開業6周年記念の撮影スポットです。 あれ?トル君がやってきました。 ちょっと隠れてみます。トル君の視線には、ボクの高さは入らないようです。 おーい!ここですよ!! トル君!♫見下げてごらん♫ 恒例の記念撮影です。 お隣には、夏バージョンの撮影スポットもありました。
コメント:0

続きを読むread more

犬旅80・ビワドッグ19

犬旅80は、トル君とのビワドッグの旅です。 蒲生スマートICを降りて、ビワドッグへ向かいます ん!?この道は、見覚えがありますよ! 左手には琵琶湖の西の湖が見えてきました。 西の湖は、琵琶湖最大の内湖で、大中之湖干拓地が造成された際に、水域として残った部分です。 ここら辺は、近江米の産地です。 コシヒ…
コメント:0

続きを読むread more

ロング3896・テイクアウト

今日はトル君ちに行ったついでに、「ロング3896」さんにお惣菜を買いに行きました。 左側は、きのことブルーチーズのポテサラ、パプリカと鮭のマリネ、なすのオイル煮が入ってます。 右側には、牛肉と野菜のマリナート、ホタテのレモンクリーム煮、パニールと豚肉のスパイス揚げの合計6品をいただきました。
コメント:0

続きを読むread more

クングラーノサリ・テイクアウト

今日のランチは、クングラーノサリのテイクアウトメニュー「ランチボックス」です。 これは「イカとエンドウ豆のトマトソーススパゲッティ」です。 こちらは「自家製ミートソーススパゲティ」です。 最後は「万願寺甘唐辛子のアンチョビ風味スパゲッティ」です。 ミニ前菜もついてます。
コメント:0

続きを読むread more

おうちで水遊び

今日は、おうちでブルブルブル!耳に水が入ってしまいましたぁ・・。 です。 ボールを浮かべて遊びました。 ボールが出ちゃいましたぁ・・。 水から出るのは嫌なので、とってください。 今度は沈んだ石を探します。 足で探るのですが、動いてしまって、どこにあるのか探すのが大変です。 ブルブルブル!耳に水が入ってし…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵6

コースの終わりのデザートは、囲炉裏端から奥座敷へと場所を変えていただきます。 器は、店主が永年かけて集めてきた時代を感じる伊万里、九谷などの土の香りのする器です。 ここからは、長屋門が見えます。 ここは、お蕎麦と鰻をいただいた広間の囲炉裏席です。ここでは、四名から六名限定で、目前で調理楽しめる炭火焼きは格別の味わいを堪…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵5

鰻をいただいた後は、おそばの真髄、黄金比率の”二八のおそば”です。コリコリののど越しを楽しめます。 最後のお蕎麦は、季節の食養生、鱧、はまぐり、ウニなどの食材をのせた”冷かけそば”です。 今日はウニをのせた冷かけそばでした。 6種類の蕎麦が終わった後は、リクエストタイムです。今日出てきた蕎麦の中でお気に入りの蕎麦をいくらで…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵4(鰻)

続いては、囲炉裏端での鰻です。炭火で焼きます。 三河産の鰻を用意していただきました。 まずは、皮の方から焼いていきます。 続いて、身の方を焼きます。 両方とも黄金色に焼けたら出来上がりです。 まずは、白焼きを山葵でいただきました。 残りは、たれをつけての蒲焼きです。 頭としっぽの部分も蒲焼きでい…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵3

最初のお蕎麦は、大葉そばです。 更科粉に季節の素材を練りこんだ香りそばです。春には桜、夏には大葉、秋には胡麻、冬にはお庭で採れた柚子を練り込んで作るそうです。 二番目の蕎麦は、店主が丁寧 手で石臼を回して挽いた粗挽きの風味高い”手挽きそば”です。風味が艶を感じさせます。 塩とゆかり、塩昆布、出汁でいただきました。 こ…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵2

まず、温かいダッタンそば茶を出していただきました。冷やしても温めても美味しいお茶です。 あとで買ってかえりました。 おとうさんは、ノンアルコールビールもいただきました。 最初のお料理は、低温調理したやわらかいローズピンクな鴨料理です。 アミューズは、ゼリー寄せをいただきました。 これは、人参のスムージーです。の…
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば一幸庵

今日のランチは「手打ちそば一幸庵」さんに行ってきました。 ここは、今年の7月に神戸で手打ちそばを運営して17年の安西産業さんが、関西の奥座敷・丹波の北に手打ちそばと鰻の炭火焼きの店「奥丹波築400年のかやぶき古民家 手打ちそば 一幸庵」としてオープンしたお店です。 時間をずらした1日2組限定の利用で、古民家でのお食事をゆっく…
コメント:0

続きを読むread more

犬旅79・鮨富・ランチ

犬旅79の最後は、小浜の「鮨富」のランチを予約しました。まずは、岩モズクのアカウニのせです。アカウニは、ムラサキウニと比べて水深の深いところに生息しており、なおかつ岩等の下に潜りこんでいます。ですので熟練の漁師さんでも獲ることは容易ではなく、さらに少しでもキズをつけてしまうと、あかうに自ら体中のトゲをすべて外してしまい、死んでしまいます…
コメント:0

続きを読むread more