かじむら睦月(続き)

次は家喜物です。
「ヤキモノ」と読み、意味は焼き物と同じです。 家の方々が喜ぶように縁を担いで当て字にしているそうです。
さっきの多喜合わせも同じですね。
画像

中味は、鰆味噌柚庵焼、ワカサギ田楽、鴨ロース、蓮根、蒟蒻と茸の浸しです。
画像

強肴は、かれい鳴門揚げと蟹真丈です。
ここでトリビア。
日本では旧暦1月を睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても使っています。
最も有力な由来は、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」とするものです。
他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説があります。
画像

寿ノ物は、帆立昆布〆、干瓢白煮です。
画像

今日のお食事は、かに蒸し寿司です。
カラスミがのせてあります。
画像

最後の甘味は、金柑水晶寄せ
今日も美味しいお料理とお酒とトリビアのネタをありがとうございました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック