犬旅77・ホテル神戸六甲迎賓館・夕食

今度はおとうさんたちの夕食です。
まずは、ワインから。神戸大沢シャルドネをいただきました。
神戸の最北に位置する「大沢(おおぞう)町」は朝晩の寒暖差が大きく、伸びやかな酸味を持つブドウが育ちます。
その豊かな風土から生まれた凛とした辛口の白ワインです
大沢町の契約農家が手塩にかけて育てたシャルドネを適期に良果のみを選りすぐり収穫して作ったワインです。
R20706din (4).JPG
夕食は、神秘的な輝きの六甲山と地産食材のマリアージュがテーマです。神戸の近郊から今採れる「旬」で「良質」な食材を使用。
和と洋のエッセンスを融合した調理法で仕上げ、型にはまらない本格的創作フレンチ料理でおもてなししていただけます。
まずは、前菜の「蟹とカニ味噌友和え 澄んだトマトのジュレと一雫のビネガー」です。
R20706din (5).JPG
一つ目のお皿料理は「淡路産鱧の炙り パルマ産プロシュートと白桃のコンポート添え」です。
香ばしく焼き上げた淡路産の鱧と旨味のあるパルマの生ハムを、白ワイン風味の白桃と一緒にサラダ仕立てにしてあります。
R20706din (6).JPG
二つ目のお皿料理は「旬のお刺身盛り合わせ」です。旬の瀬戸内のお造りを盛り合わせにしてあります。
R20706din (7).JPG
スープは「冷製トウモロコシのスープ」ですが、今日は温めでいただきました。
生でも食べれるホワイトコーンと、数種の香辛料が練りこまれた薄焼きクレープが添えてあります。
R20706din (8).JPG
パンデピスのチュイールとコーンシルクのフリットをのせていただきました。
R20706din (9).JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント