ひわの蔵・フレンチ(続き)

お魚料理はヒラメのソテーです。ソースもヒラメのソースです。淡路島産の大きなヒラメでした。
食材は地元野菜と近隣地域の牛肉や魚介を仕入れています。
農家から直接仕入れる色とりどりの野菜サラダ、ロゼ色に焼き上げられた猪肉、魚介はシェフが丁寧に作り上げたソースで引き立てられています。
R20127 (13).JPG
お肉料理は、子猪のバラ肉と腕、里芋グラタンです。
猪肉は、臭みも全くなくとっても柔らかく美味しかったです。
ジビエ料理は、秋から冬にかけて出てきます。
R20127 (14).JPG
デザートの一品目は、イチゴと練乳ムースです。
もちろんスイーツ全品が丁寧に手作りされています。
R20127 (15).JPG
二品目は、グレープフルーツのプリンです。
ひわの蔵のフレンチは、目で見て心で感じる、まさに芸術そのものです。
R20127 (16).JPG
三品目は、ガトーショコラ、焼バナナ、バニラアイスです。
シェフの作る料理には全てに背景があり、言葉の背景には大地や大勢の人が見えるといわれています。
R20127 (17).JPG
もちろん珈琲もついてます。
こんなにも地と想いに浸れるレストランはあるでしょうか。ひわの蔵は、大地に溶け込むように在る食のアトリエなのでしょう。
食後には、日本の原風景の中をゆっくりと散策してみてほしい。きっと、大地の精霊に出会えるはずだと紹介されています。
R20127 (18).JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント