アンディレポート(ジャックラッセルテリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬旅59・弥助寿司本舗

<<   作成日時 : 2019/01/12 00:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

犬旅59の帰りのランチは、敦賀にある弥助寿司本舗に行ってきました。
ここは、犬旅の帰りによく立ち寄る「丸勘寿司」さんの近くにあります。
国道8号線の敦賀街道を挟んで反対側にあります。
画像

弥助寿司本舗は、大正10年創業の老舗で、新鮮で美味しい地元の旬の食材を提供しくれるお寿司屋さんです。
画像

今日のランチは、大将のおまかせにしました。
まずは、「ヒラメ」です。寿司ネタに使われる白身魚の中で、群を抜いた人気を誇るのがヒラメです。
ヒラメ独特淡白で癖の無い味わいは、万人に受け入れられる美味しさを持っています。
画像

寿司は、「江戸前の時代から手掴みで食べるものと相場が決まっている」とよく言われます。
しかしその一方で、おとうさんたちのように、箸でつまんで食べる人も居るわけです。
これはどちらが正しいのでしょうか?
その答えは「その人にとって食べやすいのであればどちらも正しい」のです。
しかし、箸でつまむと崩れてしまったり手で掴むと手の温度が移ってしまったりと、一長一短です。結局のところ、手も箸も「綺麗に寿司を食べるためにある」のです。
箸でつまむ時は優しくネタとシャリの両方から挟むようにしましょう。
また、寿司をひっくり返すようにしてネタを下にして人差し指と中指で支え、舌の上にネタが来るように口に運ぶのが正しい食べ方といわれています。
この掴み方は、醤油に漬けるときシャリを崩さないので見た目にも美しく食べることが出来るのです。
弥助寿司本舗では、どちらでも愉しめるように、カウンター前には手を洗う水も流れていて、お箸も置いてありました。
画像

次は、「アオリイカ」です。
イカはとても成長が早く一ヶ月で4cmも大きくなると言われています。
イカの最大の特徴の一つに「心臓が複数ある」ことがあげられます。
本来の心臓に加えて、内臓の部分に別個の心臓があるのです。
画像

つづく・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犬旅59・弥助寿司本舗 アンディレポート(ジャックラッセルテリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる