アンディレポート(ジャックラッセルテリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬旅58・モンテローザ(散策)

<<   作成日時 : 2018/11/28 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

おとうさんたちのランチが終わった後、チェックインまでの時間で、周囲を散策しました。
公園の中には小さな小川が流れています。
画像

入ってもいいかな?と聞く前に入ってしまいましたぁ!?
画像

今日は、いいお天気なので、全然寒くありません。それに、水から上がったら、タオルで拭かなくても十分に乾きます。
画像

でも、あまり長い時間の水遊びはダメなので、近くのススキの前で記念撮影です。
画像

ススキは、かつては「茅」(かや)と呼ばれ、農家で茅葺(かやぶき)屋根の材料に使われたり、家畜の餌として利用することが多かったそうです。
そのため集落の近くに定期的に刈り入れをするススキ草原があり、これを茅場(かやば)と呼んでいました。
現在では、そのような利用がされないので、その多くは遷移が進んで、雑木林となっています。
画像

ススキで有名な砥峰高原(とのみねこうげん)はこの近くにある高原です。
山野草の宝庫、ススキの大群生地として知られています。
画像

紅葉も進んできて、もみじの前でパチリです。
画像

昔懐かしい火の見櫓がありました。
全国各地に散在する火の見櫓は、減ってはきたものの、まだたくさん見ることができるそうです。
これらは規格品ではなくて、地元の鍛冶屋さんが工夫しながら作っていることが多いそうです。
画像

日本最初の火の見櫓は、1658年(万治元年)に火消役が火消屋敷に常駐するようになり、この時に作られた高さ5丈(約15m)の火の見櫓だといわれています。
画像

ホテルモンテローザのエントランスにこんなベルがありました。
紐をくわえて鳴らしてみてはどうかって?
そんなことをしたらボクの耳が聞こえなくなってしまいそうなのでやめておきます。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犬旅58・モンテローザ(散策) アンディレポート(ジャックラッセルテリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる