アンディレポート(ジャックラッセルテリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS イル・プルチネッラ

<<   作成日時 : 2018/10/29 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、久しぶりのイル・プルチネッラです。
まずは、アンティパスト盛合せ7種です。
イワシのマリネの他、タコやイカ、ふぐなどの海の幸と地元野菜のたっぷり入った盛合せでした。
画像

手前の白ワインは「ジビッボ テッレ シチリアーネ」です。
地中海の豊かな大地と太陽を感じる、アロマティックでフルーティーなジビッボです。ハーブや白桃、白い花の香り。柑橘系のフレッシュな果実味が広がるアロマッティクなワインです。
奥は「バルドリーノ キアレット モンテ デル フラ」という辛口ロゼワインです。
「豊かなフローラルなアロマとタンジェリンオレンジとアプリコットの風味があり、甘美なニュアンスがあるが過剰な印象は無い。フィニッシュにはスパイシーさがあり、非常に長い余韻と新鮮味を備えている。」と絶賛されています。
画像

これは、ナポリ名物、揚げピッツァ「チンクエフォルマッジ」です。
京丹波産モッツァレラチーズと4種のイタリアチーズ、クリームソースが入ってます。
ボリューム満点でした。
画像

パスタは宮津産マダコのスパゲッティと
画像

宮津産のどぐろのパッケリをいただきました。
のどぐろは、一匹まるごと入っていました。
「パッケリ」は、イタリアのカンパーニャ州のパスタです。
これがまた、歯ごたえがあって濃厚なソースとよく合います!
Paccheri(パッケリ)は、イタリア語のpacca(平手打ち)が由来だそうです。
茹でたパッケリをお皿に盛り付けるときの音がまるでビンタしているような音だからそうです。
画像

デザートは、お兄ちゃんはティラミスをたのみました。
ティラミスの意味は、「私を元気づけて」という意味になります。
一説によると、ティラミスが有名になった理由は“夜のお菓子”だったからとされています。
18世紀頃のヴェネツィアでは強壮剤のデザートとして食べられていたのだとか。
現在のイタリアでも、ティラミスは夜にしか出さないというお店もあるようです。
夜遊び前に女性がティラミスにメッセージを込め、男性にふるまっていたと考えられています。
画像

おかあさんは、パイを選びました。
おとうさんは、お腹いっぱいになって、パスをしたそうです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イル・プルチネッラ アンディレポート(ジャックラッセルテリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる