アンディレポート(ジャックラッセルテリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS まっとう福喜寿司(続き)

<<   作成日時 : 2018/10/24 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

9貫めは、ブリのハラミです。
まっとう福喜寿司では、ネタの鮮度を維持するため、お客様の目の前で頻繁に開け閉めをするネタケースではなく、必要なときに必要なネタだけを取り出すネタ箱を使用しています。
先ほどの日本酒の横に置いてあったのがネタ箱です。
画像

10貫めは、大トロの炙りです。
東京の築地市場からの鮪を使ってます。
今は豊洲市場に移転しています。
画像

続いて赤身の漬けです。
こだわりのシャリは、地元白山市の倉山米穀店が石川県白山市鳥越産の山麓米から作ったシャリを使用しているそうです。
厳選されたお米は、人肌にこだわり、ふっくらとしてツヤのあるシャリに仕上げてあります。
画像

毛ガニのみそ和えです。シャリは小鉢に入って出てきました。
ボリュームがあって美味しかったです。
画像

最後の13貫目は、トロ鉄火です。
こだわりの醤油は、金沢大野を使用。
シャリに合うように多少甘みがでるように作り上げてありました。
画像

ここからは追加注文です。まず一貫めは、みんなの大好物の雲丹です。
酢の物は、カニ身と蟹みそがいっぱい入ったカニサラダをいただきました。
写真は、犬旅36の月香のブログを参考にしてください。
画像

エンガワは炙りで出てきました。この後、お兄ちゃんたちは、マハタや甘エビを追加注文してました。
とってもリーズナブルで美味しいお寿司屋さんでした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まっとう福喜寿司(続き) アンディレポート(ジャックラッセルテリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる